SONY α7SIIIにおすすめの外付けカメラマイク5選

※2023年11月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

/>

 

高音質な撮影を行いたいなら外付けカメラマイクが必要になります。

 

カメラに内蔵されたマイクではどうしても限界があり、より綺麗な音を求めるなら外付けタイプのカメラがほぼ必須です。

 

ではSONY α7SIIIユーザーにとって便利で使いやすいカメラマイクはどんな物なのでしょうか?

 

ここではおすすめのカメラマイクを5つに絞り、その詳細を紹介していきます。

 


この動画ではSONY純正の代表的なカメラマイクを用意し、SONY α7SIIIに接続して屋内で収録して比較検証してみました。
合わせてご視聴ください。


 

SONY ECM-B10

 

 

鋭指向性・単一指向性・全指向性と3つの指向性を切り替え可能なカメラマイクです。

 

一般的なマイクでは1つの指向性にしか対応していないものが多く、このマイクのように複数の指向性に対応しているのは非常に便利です。

 

 

複数のマイクを使い分ける必要がなくなり、最小限の荷物であらゆる状況での撮影を可能にしてくれます。

 

指向性はスイッチを切り替えるだけでよいため操作も簡単で、誰でもすぐに使いこなせます。

 

 

さらに余計なノイズを除去してくれるフィルターを2つ搭載していて、こちらもスイッチで切り替えることで簡単に使い分けられます。

 

非常に多機能なカメラマイクになっていて、あらゆる機能をしっかり使いこなしたいという方にはおすすめのマイクとなっています。

 

 

SONY ECM-B1M

 

 

8つのマイクユニットが内蔵されていて、正面からの音をしっかりと捉えてくれます。

 

指向性が強いため正面以外の音はカットし、余計な音・ノイズが入る心配がありません。

 

マルチインターフェースシュー搭載のカメラであれば音声をデジタル信号の状態のまま、直接転送できるため音質の劣化も防ぎます。

 

 

音質にこだわって撮影がしたいなら有力な候補の1つになるでしょう。

 

ノイズフィルター機能も搭載していて、クリアで聞き取りやすい音声を簡単に録音できます。

 

 

SONY ECM-G1

 

 

SONY ECM-G1はショットガンタイプのマイクで、大口径マイクカプセルを搭載しています。

 

このマイクはノイズをしっかりと除去しつつ高音質な録音が可能で、手軽に綺麗な音を楽しむことができます。

 

 

特に人の声に強いという特徴があるため、自撮り・インタビュー動画・Vlog撮影などに力を発揮します。

 

動画投稿サイトの登場によりこうした動画を撮影する方も増えており、人気がどんどん高まっているマイクです。

 

 

ゼンハイザー MKE 400-II

 

 

ローカットフィルターと3段階の感度切替機能が搭載されていて、どんなシーンでも最適な録音環境を提供してくれます。

 

カメラに接続すると自動で電源が入るようになっているため、電源の入れ忘れ、切り忘れがなくなります。

 

貴重な瞬間を逃してしまったり、いざという時にバッテリー不足になるという心配がなく、とても使いやすいマイクとなっています。

 

 

Rode Wireless GO II

 

 

Rode Wireless GO は世界初となる完全ワイヤレスマイクで、その進化形がこちらのマイクです。

 

非常に小型でワイヤレスのため持ち運びも簡単で、デュアル チャンネル レシーバーにより同時に2つの音を収録できます。

 

40時間以上の録音が可能な内部メモリも搭載していて、小型なだけでなく高性能でもあります。

 

バッテリーも最長7時間と長時間の撮影にもしっかり耐えてくれます。