SONY α7SIIIにおすすめ三脚のベスト5

※2023年11月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

 

SONY α7SIIIを活用するなら三脚も妥協せず良い物を選びたいところです。

 

三脚があればカメラをしっかりと固定でき、どんな場所でも安定して撮影を行えます。

 

便利な三脚はたくさん販売されていますが、中でも人気でおすすめの物を5つ選び紹介します。

 

それぞれの特徴をチェックし、自分に合った三脚を探してみましょう。

 


この動画では動画クリエイターのボクが動画用三脚の選び方を解説してみました。
合わせてご視聴ください。


 

ザハトラー システムACE M MS

 

 

カウンターバランス機構とSA-ドラッグシステム2つの技術が使われていて、非常に使いやすい三脚となっています。

 

不安定な場所でもカメラを安定して保持することができ、どういったシーンでも安心して撮影を行うことができます。

 

素材にはアルミニウムを採用しているため軽量で、持ち運びしやすい点も魅力です。

 

三脚はそのサイズからどうしても重くなってしまいがちで、移動時に負担になることも珍しくありません。

 

そのため軽量というのは大きなメリットであり、長距離の移動でも気軽に持っていくことができます。

 

耐荷重は最大4kgなので、一般的なカメラ、レンズであれば問題なく使えます。

 

 

Manfrotto MVK504XTWINMA

 

 

4段階に切り替えが可能な三脚です。

 

雲台はフラットベースでスライダー・ジブとどちらにも対応できるようになっています。

 

さまざまな撮影機材と組み合わせられるため利便性が高く、これ1つ持っていれば多彩な撮影が可能になります。

 

 

専用のケースが付属されているため収納もしやすく、持ち運びも簡単です。

 

カメラバッグと併用すれば撮影機材一式を無理なく運べるようになるでしょう。

 

重量が約5.6kgと比較的軽量な点も便利です。

 

 

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ カーボン 4段 MT190CXPRO4

 

 

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ カーボン 4段 MT190CXPRO4にはクイックパワーロックという技術が使われています。

 

この技術によって脚をスムーズに、しっかりとロックできるため不安定な場所でもカメラを強力に固定し、安定した撮影が可能になります。

 

三脚はいかにカメラを安定させられるかが重要ですから、こうした技術を持っているというのは大きなメリットです。

 

 

Libec リーベック TH-X 三脚 ビデオカメラ 用

 

 

Libec リーベック TH-X 三脚 ビデオカメラ 用 は商品名の通りビデオカメラを使用することを想定した三脚です。

 

安定性が高く、3段式で高さ、角度も思い通りに調整できます。

 

 

ビデオカメラ用ですが動画だけでなく写真撮影にも最適で、高品質な撮影を可能にしてくれます。

 

比較的リーズナブルな価格も魅力で、初めて三脚を買うという方にもおすすめです。

 

 

SmallRig ビデオ三脚 186cm

 

ミッドスプレッダータイプのビデオ三脚で価格の安さが目立つのがSmallRig ビデオ三脚 186cmです。。

 

滑り止めのゴム足によってしっかり安定させることが可能で、不安定な場所での撮影にも強いのが特徴です。

 

専用のキャリングバッグも同梱されているので持ち運びしやすく、移動時の負担も最小限です。

 

バッグがあると三脚本体を保護することもできるので助かります。

 

三脚自体の耐久性も高く、ショックに強く作られています。