α6600におススメのカメラバッグ5選

※2023年11月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

 

ミラーレス一眼カメラの中でも、特に高い人気を誇っているのがソニーのαシリーズですよね。
2019年にはAPS-C搭載モデルのフラグシップモデルになる、α6600も発表されました。

 

小型・軽量を意識したボディのサイズで、バッテリーやメモリなどを搭載しても約500gの軽さが魅力です。
気軽に撮影できるのが魅力の機体ですが、やはり持ち歩くにはカメラバッグがあると便利でしょう。

 

そこでおすすめのバッグを5つ紹介していきます。

 


この動画では7個のカメラバッグを購入してきたボクが、カメラバッグの選び方を解説してみました。
合わせてご視聴ください。


α6600におススメのカメラバック5選

PeakDesign ピークデザイン エブリデイメッセンジャー 15インチ

 

最初に紹介したいのが、PeakDesign ピークデザイン エブリデイメッセンジャー 15インチです。
アメリカ発のブランドによるバッグで、デザイン性の高さにも定評がありますね。

 

15インチバッグは少し大きめで、個人的には学生鞄と同じ程度だと思っています。
ただし厚みがまったく違っていて、2倍以上の厚みがあってそのまま自立してくれます。

 

おすすめポイントは以下でしょう。

 

  • α6600に標準ズームをつけたままでも収納が可能
  • 広角レンズや望遠レンズの換用レンズが2本入る収納力の高さ
  • 仕切りのクッションの形が変えられる

 

使い勝手の良いギミックがいくつも仕込まれているのですが、フラップを開けずにカメラが取り出せるジッパーが秀逸です。
肩掛けのカメラバッグの中では、最適解の1つでしょう。

 

LCS-U30

 

LCS-U30はソニー純正のカメラバッグですね。
αシリーズの本体とレンズを入れても、余裕があるサイズ感です。

 

小物を入れるポケットがたくさんついているので、バッテリーや充電器なんかも持ち運びしやすくなります。
デザイン的には少しもっさりとした感がありますが、バッグとしてみた時は悪くありません。

 

黒一色なので男性ユーザーは使いやすいでしょう。
内部の仕切りは拡張性を持たせるためか、マジックテープが使われているものがあるのが特徴です。

 

  • 余裕のあるサイズで使いやすい
  • カラーは黒。
  • カスタマイズしやすい

 

自分の使い勝手がいいようにカスタマイズできるので、意外と便利に使えるという人も多いですね。
α6600用としてもおすすめできます。

 

Endurance(エンデュランス) 

Endurance(エンデュランス)は、国内のメンズブランドを中心としたバッグを作っているメーカーがデザインと製造をしています。
プロのカメラマンである中原一雄氏が監修をしていて、カメラを趣味にする人にも嬉しい機能がたくさんついているのが特徴ですね。

 

以下のような特徴があります

 

  • ミラーレス一眼カメラを使いつつフルサイズが入る大きさ
  • 斜めがけのスリングストラップを採用
  • サイドと正面の2方向からカメラにアクセスできる

 

中原氏の要望であったのが、ミラーレス一眼カメラを快適に使いつつも、フルサイズが入るサイズということでした。
届いた実物を見ると、ほんとどの人がコンパクトだという印象を受けるくらいのサイズ感ですね。

 

 

ですが収納力は抜群で本体とレンズ、予備のバッテリーも入りますよ。
ふだんはリュックタイプとして背負えるのですが、斜めがけのスリングストラップを採用しているので、カメラを取り出したい時でもスムーズですね。

 

ファッションブランドがデザインをしているだけあって、カジュアルでお子さんとの散歩や旅行でも使いやすいでしょう。
サイドと正面の2方向からカメラにアクセスできるのも、最高に便利なポイントですね。

 

α6600も本体と交換用レンズが2本入ります。
カメラバッグらしくないデザイン性と機能性の2つを求めている人にも、おすすめの一品ですね。

 

Manfrotto スリングバッグ NEXTコレクション 11.5L

 

α6600用のカメラバッグとして、Manfrotto スリングバッグ NEXTコレクション 11.5Lもおすすめです。
カメラ用のアクセサリメーカーとして有名なマンフロットの中でも、最もシンプルで使い勝手が良いバッグになります。

 

おすすめポイントは下記になるでしょう。

 

  • ナイロン素材の表面に後部は通気性の良いメッシュが採用
  • カメラ本体とレンズ2本、さらにアクセサリー類の収納可能
  • また再度の部分には三脚も取りつけられる

 

また三脚を持ち歩かない時には、ペットボトルを差し込むこともできて、街中の散策やハイキングをする時にも重宝します。

 

 

タブレットを入れることもできるので、出先で撮影したデータをその場で確認、編集可能です。

 

デザイン的もカジュアルでサイズ感も絶妙ですよ。
中には通勤用のバッグとして使う人もいるくらいで、値段的にもお手頃なので初めて購入する人にも向いていますね。

 

Amazonベーシック カメラバッグ

 

最後にAmazonベーシック カメラバッグを紹介しておきます。
今回紹介したバッグの中で、最も値段が安いものですね。

 

価格的にお手頃なだけではなく、機能性としても必要十分なバッグだと言えますね。
サイズは2種類あってMサイズと、Lサイズが選べます。

 

収納力を考えると、理由がなければLサイズの方がいいでしょう。
カスタマイズ可能なパッド入りの仕切りを採用しているのも特徴的で、これが意外と使い勝手が良いですね。

 

 

α6600の本体と交換用レンズが4本程度は入りますよ。
小物を入れるポケットもあって、タブレットの収納も可能です。

 

特筆したいのはショルダーストラップの取り外しができることで、他社のネオプレーンタイプのものなら装着ができる点ですね。
消耗品とも言える部分なので、いつでも気軽に交換できるのは魅力的だと言えます。

 

  • MサイズとLサイズの2種類
  • パッド入りの仕切りを採用している
  • ショルダーストラップの取り外し

 

手頃な価格で使えるバッグが欲しいという人にはおすすめです。