α6600におススメの単焦点レンズ5選

※2023年11月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

 

α6600は小型のAPS-Cサイズのフラグシップ機です。
手頃なサイズ感なので街中でスナップを撮影するのにも、最適な一台だと言えるでしょう。

 

最近の流行りであるマクロ撮影をするのにも向いているので、単焦点レンズが1つあるととても便利です。
特にSNSなどで撮影した写真を公開したいと考えているのなら、1つは持っておきたいレンズだと言えますね。

 

サイズも大きくなく扱いやすいので、女性ユーザーにも向いているのがポイントです。
では同カメラにおすすめのレンズについて、5つ紹介していきますね。

 


この動画では12本の交換レンズを購入してきた私が、動画用レンズの選び方を解説してみた動画です。
合わせてご視聴ください。


α6600におススメの単焦点レンズ5選

E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

 

α6600用に最初に紹介したいのが、E 35mm F1.8 OSS SEL35F18ですね。
ソニー純正のEマウントレンズで、風景撮影からスナップまで幅広く楽しめます。

 

ボケを上手く生かした人物撮影にも向いているレンズです。
では特徴を確認します。

 

  • 全長45mmと手頃なサイズ感
  • 開放値F1.8と明るいレンズ
  • ボケ方が美しい
  • 高コントラストでシャープな画質
  • スムーズなオートフォーカス

 

汎用的な単焦点レンズとしてはベストの選択だと言えますね。
画角も35mmとなっているので、比較的に広いです。

 

最近だとスマホでの撮影になれている人も多いので、同じような画角で撮影できるこのレンズは使い勝手がいいんですよ。
街中で散策しながらスナップ撮影をメインにしているのなら、このレンズは付けっぱなしでいいかもしれません。

 

似たようなもので画角が50mmのものだと、やはり少し狭く感じてしまう人も多いですよね。
なので最初に購入するレンズとしてもおすすめですよ。

 

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary C017| Sony Eマウント | APS-C/Super35 ミラーレス専用

 

次はSIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary C017  | Sony Eマウント | APS-C/Super35 ミラーレス専用をおすすめします。
こちらはソニーではなくシグマ製のレンズですが、Eマウント対応なのでα6600でも利用できます。

 

特徴を確認しておきましょう。

 

  • APS-Cミラーレス専用の広角レンズ
  • オートフォーカスに対応
  • 手ぶれ補正には非対応
  • 開放値がF1.4と明るい
  • コンパクトな大口径レンズ

 

この単焦点レンズ最大の魅力は、やはりコンパクトな大口径レンズである点ですね。
取り回しがしやすいこともあって、昼夜を問わずに持ち歩いての撮影ができます。

 

明るくて抜けがいいというようなレンズで、寄っても引いてもしっかりと被写体を撮影できるのが特徴ですね。
ただ1つ注意したいのが、手ぶれ補正には非対応なところでしょうか。

 

その点は自分の腕でどうにかする必要があります。

 

SEL30M35

 

α6600用の単焦点レンズとしては、SEL30M35もおすすめです。

 

ソニー純正のレンズの1つで、外装がアルミニウムで黒色ではないカラーがいい感じですね。

 

特徴としてはこのようなものがあります。

 

  • 軽量コンパクトな等倍レンズ
  • 最短撮影距離は9.5センチ
  • マクロ撮影が得意
  • 価格が比較的に安価

 

このレンズの持ち味としては、軽量コンパクトな割にはきれいに撮影ができる点でしょう。
またオートフォーカスの精度にも定評があり、非常に便利だと評判になっています。

 

α6600 + SEL30M35 絞り:F6.3 シャッター速度:1/320 ISO50 拡大写真

 

万能的なマクロレンズの1つでもあって、スナップを撮影するとしても付けっぱなしで十分です。

 

いくつかレンズを持ち歩く必要もないので、1つあると重宝するおすすめのアイテムだと言えますね。

 

 

30mm F1.4 DC DN

 

α6600におすすめのレンズとして紹介したいのが、シグマ製の30mm F1.4 DC DN [ソニー用]です。
特徴から確認をしますね。

 

  • 小型で軽量なボディサイズ
  • 大口径レンズ
  • 開放値がF1.4
  • フレアゴーストに強い
  • 最短撮影距離は30センチ

 

この単焦点レンズの特徴としては、標準相当の画角で扱いやすいという点ですね。
ボケの味にも定評があって、ポートレートの撮影にも向いているレンズだと言えるでしょう。

 

マクロ撮影には向いていませんが、大口径レンズの割には取り回しが良いので街中での撮影にもおすすめです。

 

E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

 

最後にE 50mm F1.8 OSS SEL50F18の紹介をしましょう。
ソニー純正のレンズの1つで、安価な価格の割にはきれいな撮影ができると人気ですよね。

 

特徴は以下の通りになります。

 

  • ポートレートに向いた中望遠のレンズ
  • 開放値がF1.8と明るい
  • ボケがいい感じででる
  • オートフォーカスが優秀

 

人物撮影をメインとしたいのなら、最初に購入をおすすめしたい単焦点レンズですね。
価格的にも安価な部類ですし、その割には美しいボケの味があるので非常に使い勝手がいいレンズだとも言えますね。

 

ただα6600用にこのレンズを購入すると、広角やマクロ撮影のできるレンズが欲しくなってしまうでしょう。