α6600におススメのズームレンズ5選

※2023年11月に更新しました。 また本ページにはプロモーションが含まれています

 

α6600は使い勝手の良いカメラです。
そのカメラをより使い勝手の良いものにするには、交換レンズが必要になってきますよね。

 

ここではα6600におススメのズームレンズについて紹介をします。

 

ズームレンズは一般的に焦点距離が変わることで、開放値であるF値も変わるのですが、中には固定されたものもあります。
それぞれに特徴があるので、どういうレンズがおすすめなのかも確認していきましょう。

 

ズームレンズはお気に入りが一本あると非常に便利なので、カメラ本体と一緒に購入するのもいいですね。

 


この動画では12本の交換レンズを購入してきた私が、動画用レンズの選び方を解説してみた動画です。
合わせてご視聴ください。


α6600におススメのズームレンズ5選

E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

 

最初にα6600に向けでおすすめしたいのが、E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105Gです。
特徴は以下の通りになっています。

 

  • 広角27mmから中望遠157.5mmまで対応
  • 6倍のズーム域をカバー
  • すべての領域で開放値F4を実現
  • 電動ズームがなめらかで使い勝手がいい
  • 静止画像だけではなくて動画撮影にも使える

 

 

ソニー純正のズームレンズです。
オートフォーカスの機能が、非常になめらかで使い勝手が良いと評判です。

 

標準的なズーム機能となっているので、初めて購入するという人にもおすすめできます。

 

どちらかと言えば動画で活躍するレンズという評判もありますが、個人的には写真撮影でも十分に使えると思っています。

 

α6600 + SELP18105G 絞り:F4.0 シャッター速度:1/320 ISO50 拡大写真

 

特に旅行なんかだと風景写真から、ポートレートまで対応できるのでこのレンズ1つでも十分なくらいですよ。

 

比較的コンパクトなサイズ感でもあるので、取り回しがそこまで悪いということもありません。

 

E 10-18mm F4 OSS SEL1018

 

E 10-18mm F4 OSS SEL1018もおすすめのレンズです。
広角レンズとして優秀だと評判なのですが、どういう特徴があるのかを確認してみます。

 

  • 超広角域である15mmから広角の27mmまで対応
  • コントラストの高い描写が魅力的
  • 全画角で開放値F4を使用可能
  • 光学式の手ぶれ補正にも対応

 

 

初めて広角レンズを購入するのなら、このレンズもおすすめです。
超広角での撮影ができるので、ダイナミックな撮影が楽しめます。

 

ズームレンズでもコンパクトで持ち運びのしやすいサイズ感もあって、標準レンズとして使うのもありでしょう。
携帯するとしても、さほど重量もないのが魅力ですね。

 

α6600 + SEL1018 絞り:F6.3 シャッター速度:1/400 ISO50 拡大写真

 

さすがに超広角レンズで撮影すると、写真の四隅が多少ゆがんでしまうのは否めません。
ですが修正もききますし、それほど大きなゆがみではないので、汎用性の高いレンズだと言えます。

 

α6600で動画を撮影するという時にも活躍してくれるでしょう。
旅行先でも使えるので、カメラバッグに入れておきたいレンズですね。

 

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G

 

次にα6600でおすすめしたいのが、E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350Gです。
こちらもソニー純正のズームレンズになります。

 

  • TELE端が350mmまで対応
  • Gシリーズの圧倒的な描写力
  • 5倍ズーム利用可能
  • コンパクトで携帯性のいいサイズ感
  • 高精度なオートフォーカス機能

 

などが主な特徴ですね。
ソニーが販売するレンズの中でも、最高級なのがGシリーズです。

 

実際に利用してみるとわかりますが、その描写力の高さについては折り紙つきだと言えますね。
ただその分に比例して、お値段も高めになっているので初心者の人は手を出しづらいかもしれません。

 

望遠機能のついたレンズですが、手ぶれ補正にも対応していて、遠景を撮影する時には必須とも言えるほどですね。

 

E 16-55mm F2.8 G (SEL1655G)

 

2019年の10月に発売されたばかりの、E 16-55mm F2.8 G (SEL1655G)もおすすめですね。
α6600のユーザーだけじゃなく、α6000番台のユーザーが希望していたAPS-C専用となる、Gシリーズのズームレンズになります。

 

特徴としては以下の通りですね。

 

  • ズーム全域で開放値F2.8を実現
  • Gシリーズの圧倒的な描写力の高さ
  • 小型で軽量なサイズ間
  • 高速で高精度なオートフォーカス機能
  • 優れた操作性

 

このレンズの魅力はやはりそのサイズ感でしょう。
コンパクトで軽量とあるように、他社の同型レンズと比較をしても50g程度はスリムになっています。

 

少しの差と思われるかもしれませんが、実際に使ってみるとこの差がとても大きく感じますね。
使い方としては風景写真よりも、人物写真がおすすめです。

 

E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135

 

最後にα6600向けのズームレンズとして紹介するのは、E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135です。
主な特徴を紹介しておきます。

 

  • 小型軽量なサイズ感
  • 光学7.5倍のズーム機能
  • 手ぶれ補正にも対応
  • 最短撮影距離が45センチ、最大撮影倍率は0.29倍

 

一般的に使用頻度が高いとされる27mmから200mmまで対応しているため、非常に汎用性の高いレンズですね。
尖った特徴というのがありませんが、逆に言えば幅広く様々なシーンで活躍してくれます。